5秒前の午後-09 | ykxifb | sa.yona.la help | tags | register | sign in

5秒前の午後-09

reply

-6/5


セフレさん(40歳/バツイチ)と会う。


先週、休日の突発は難しいと伝えたら

平日で攻めてきてくれた。

会いたいと思ってもらえることは、

寂しがり屋の自分にとっては嬉しい。


無印に寄り道して、5丁目の交差点の

焼鳥屋の奥の席でがっつり飲む。


相方のことを話す。

__が会いにくくなるならもう1人くらい

セフレが欲しいなあと笑っていた。


ゴールデン街奥のホテルで休憩。

特に好みでも上手いわけでもない。

ただなぜか襲いたくなる・・色気?

2回して靖国通りに出たとこで分かれた。


終電ぎりぎりで帰ると電気は消えていた。


起こさないよう明かりは点けずに部屋へ入り、

着替えて化粧を落として歯を磨いて

狭いベッドの空いているスペースに入る。


気配で目が覚めたのか寝ていなかったのか

相方の腕が伸びてきて抱きしめられた。


相方:「遅い」

自分:「ごめん」

相方:「寝てたら襲ってって言ったよね?」

自分:「眠いでしょ?」

相方:「じゃあパンツ履く・・」


手で探ると、確かに履いてない。

その格好で何時間も私を待ってたの?


笑いがこみ上げてくる。

37歳のおじさんに適さない形容詞だろうけど、

可愛くて仕方なかった。


-6/6


相方は仕事。

目が覚めると家を出る時間を過ぎていた。


相方:「何で起きないの!」

自分:「私は休みだし・・」


相方を見送ってから二度寝。

午後から天気が回復したので洗濯した。


男物の下着と自分のそれを並べて干すのは

いまだに何だか少し照れくさい。


会社の飲み会で遅くなると相方からメール。

1人で過ごすのも久々な気がして、

当たり前な筈のそれは奇妙な感覚だった。


パスタを茹でてぼんやりと食べる。


代表戦がハーフタイムに差し掛かる頃、

相方は千鳥足で帰って来た。


相方:「にんにく食べただろ!くせー」

自分:「酒臭いくせによく言う・・」


でもキスはする。

何度もする。


一緒にラジオを聞いていたけど、

触りあっているうちに入れられていた。

後半の内容はぼんやりとしか分からなかった。


発射しなかったときの相方は、

「これは中折れじゃなくて持ち越し」と言う。


-6/7


朝、どちらからともなく目を覚ます。

おはようとキスをしてそのままセックス。


ゴロゴロしているうちに昼になって、

ロッテリアにお昼を買いに行ってくれた。


食べた後まったりと過ごす。


相方:「プール行きなさい?」

自分:「んー」

相方:「行きなさい」

自分:「セックスしたら行く」

相方:「無理だって」


何だかんだ言ってしてくれたので、

夕方になってからプールに行った。

退院後はなかなか体力が戻らなくて

700mも泳ぐとバテて腕が上がらない。


19時頃に帰ると部屋は薄暗かった。

テーブルの上には500mlの空き缶が2本。


自分:「飲んだの?」

相方:「・・うん」


別にいいんだけど。


お腹が空いたのでスーパーで買出し。

ささみとキャベツとミニトマトを適当に炒めて

ガーリック風味な丼にしてみる。

味が薄くてお世辞にも美味しくはなかったけど、

箸を置くまでは文句を言わず黙々と食べてくれた。


食後、「ダイエット食みたい」との評。


薬を塗ってもらってからベッドに入る。

まだ23時にもなっていなかった。


自分:「しないの?」

相方:「出来ない・・」

自分:「じゃ自分でする」


隣で勝手に自慰。


相方:「__」

自分:「なに?」

相方:「お前、きたない」

自分:「なんで?」


相方:「脇でアンアン言われたら勃起する!」


1日3回は新記録だなあ・・と余計なことを

考えていたのは秘密。


相方は最近バックが好きみたいだ。

posted by ykxifb | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.