5秒前の午後-05 | ykxifb | sa.yona.la help | tags | register | sign in

5秒前の午後-05

reply

昨夜は相方の全身に蕁麻疹が出た。

土曜の朝から赤くなっている部位はあったけど。


昼にはツラくなってきたらしく、メールが来た。

医者に行けと言っても保険証がないと聞かない。


(自称)彼氏から会えないかと打診されたけど

相方が心配で断った。

そもそも平日に会いに行くのはしんどい。


自分はいつも通りに終わり、部屋で夕飯を取る。


相方はいつもより早めに仕事を切り上げて帰ってきた。

首や手首にも発疹がハッキリと見て取れる。


脱がせて見るとまさに全身それだった。

腕もお腹も背中も内腿も足首までびっしり。

上半身はうっすらと熱を帯びている。


病院には行っていないと言う。

珍しく弱気になっている相方はぼそぼそと話す。


「心配掛けて迷惑掛けて、居候失格だよね」

「こんなんじゃダメだよね」

「いざとなったら服着せて放り出してね」


「出禁にされると思ったのに」

「__は優しいね」


数年前に相方がまだ妻子と暮らしていた頃、

インフルエンザで早退したことがあったらしい。

家の前まで行きインターホンでその旨を告げると、

少しばかりの現金がドアの隙間から差し出され

治るまで帰ってくるなと言われ閉め出されたそうだ。


頭を撫でていると泣きそうな顔をしていた。

きっと自分は優しいのなんかではけしてなく、

弱っている相方につけこんでいるだけだと思う。


大量の水を飲んで、夕飯をとりビタミン補給をし

1時間半ばかりゆっくりと風呂に入って寝た。


相方:「こんな状態なのに考えちゃダメって思うと

    余計にダメだね」

自分:「何が?」

相方:「勃起しちゃう」

自分:「却下」


今朝になると、肩や腕は大分治まっていた。

posted by ykxifb | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.