5秒前の午後-57 | ykxifb | sa.yona.la help | tags | register | sign in

5秒前の午後-57

reply

-10/5


夕方になって頭痛がひどくなる。


原因が分からないのだけど

そのうち頭が割れそうになって

定時が過ぎるのを待って上がる。


帰ってからの記憶がない。


-10/6


相変わらず頭痛が治まらない。


翌々日からの5連休で神戸に

鉄人28号を見に行きたいと

相方に告げる。


神戸は相方の奥さんの実家の

ある街で、プロポーズをした場所。


一緒には行けないだろうから

一人で行こうと思ったのだけど。


「俺、土曜も休みなんだけど」

と言う。


折角なので一緒に行こうという

意味だろうと解釈する。


自分:「じゃあどこ行く?」

相方:「代替案はない」


この人のいつも建設的じゃない

ところがどうしても好きになれない。


-10/7


連休前夜なので張り切って

マニキュアを塗る。


オレンジ・白・黒でハロウィンカラー。


部屋に帰ってきた相方は、

「臭ぇ」と不機嫌そうだった。


白を見て「ガンダム?」と言われた。


マニキュアが落ちそうで迷ったけど

求められるまま抱き合った。


-10/8


台風で電車が昼まで動かなかった。


復旧を待って病院に向かう。

術後の経過は良好とのこと。


嵐は過ぎたようなので、有楽町に

寄って新しいイヤホンを買う。


友人をつかまえて新橋でカラオケ。

狭いフロアには他に客はなく、

歌ってる間ずっとセクハラされた。


親指を黒く塗っちゃいけないんだよ、

と教わった。知らなかった。


夕方になり、カラオケ屋を出る。

辺りはサラリーマンだらけだった。


友人は仕事へと向かう。


別の友人とお茶して、帰る。

お笑い好きということで話が

盛り上がって、次はちゃんと

時間を合わせて飲もうと決めた。


部屋に着いてしばらくすると、

相方から「鍵を忘れた」という

メールが入った。


寝そうになっていたところを

我慢して待っていた。


週末の出掛け先が決まらない。

案を出しては潰す、という

無駄な作業を繰り返して

奈良に行くことに落ち着いた。


カラオケ屋で悪戯されて

火照った身体が落ち着かずに

相方を襲って、寝た。


-10/9


洗濯をしてから新三郷に向かう。


初対面の男の子(21)と一緒に

まわったけど、相槌が「ぁあ?!」

というかなり感じ悪いものだったので

終始不快だった。


H&Mを見ているときに相方から

電話が入り、「バスが取れない」

と連絡を受ける。


仕方なく実家の車を借りることにし

了解を得る。


行き先を再考しなくちゃいけない。


夕方から上野で飲み会。

自称童貞(26)、真正童貞(20)、

ビッチ(32)、それぞれ初対面。


自称童貞と先に合流して

HUBで2杯開けた後で集合。


日本酒を飲みすぎて記憶を飛ばした。


年甲斐もなくプリクラを撮って、

カラオケ屋でビッチが真正童貞のを

触っていたのは微かに覚えている。


よく何もなくさずに無事帰ったと思う。


最寄り駅に着いてぼんやりと

駅前のバス停のベンチに

座っていると、気付いたら隣に

サラリーマンが座っていた。


何を話したのか覚えてないけど

「不倫はダメだよ」と言って

嫁が待ってるからと帰っていった。


ナンパしたけど顔を見て逃げた説

が有力。


相方は帰って来ないと思ったらしい。

友人と電話して泥酔したまま寝た。


相方は紅葉るるぶを買ってくれて

いたけど、全く見なかった。


-10/10


9時に目が覚めて、アルコールが

抜けていなかった。


昼過ぎまでダラダラ過ごし、ようやく

体調が戻ったところで出発。

目的地は伊豆になった。


駅前のBOOK-OFFでCDを数枚買い、

実家で車を借りて、首都高に乗る。


因みに相方は10年前に免許

取り消しを食らっているので

運転は自分のみ。


東名に抜け海老名SAで休憩。

この時点で日が落ちた。


沼津より先に進むのは諦め、

ネットカフェで宿を取り飲み屋へ。


牡蠣が品切れなのは残念だったけど

お酒も料理も美味しくて満足。


閉店まで粘り、2軒目を探すも挫折。

コンビニで買出しし、部屋で飲み直す。

あまり飲まないように気をつけて、

でも疲れて眠った。


-10/11


目が覚めて、ベッドが広いのが嬉しい。


朝食付きだったけどお互いが

我慢できなくて、セックスして

チェックアウトの時間になった。


ナビを沼津港に設定し、

海鮮丼を朝食にする。


生桜海老が美味しかった。


次の目的地は修善寺。

修禅寺を見学し、竹林を散歩。


続いて黄金崎に移動。

夕陽にはまだ早い時間だったけど

雲の上に富士山の頭が見えて

景色は十二分に良かった。


最後に石廊崎へ向かう。


しかし高低差の激しい海岸を

延々と走り続けて、運転に

慣れない自分は体力的に

限界になった。


眼と腕の疲れからか、頭痛がする。

運転が出来なくなって途中の路肩に

停まった。


車外に出て深呼吸し、ストレッチし、

なんとか回復してリスタート。


石廊崎の灯台への道を歩いて

登るのにまた体調がおかしくなる。


ようやく着いた伊豆半島の先端は

視界の殆どが海という絶景だった。


日の入りまで40分程度。

相方が帰ろうと言うのを駄々をこねて

留まる。


雲が多く、水平線に沈む夕陽は

見られなかった。


しかし輝く夕陽に光る空、染まる海、

雲の影が黒く伸び、美しい瞬間を

見られたことは満足だった。


足場が暗くなる前にと駐車場に戻り、

東京へ向けて出発。


途中、ガソリンがなくなりかけ、

ナビに乗っているスタンドが

潰れていた時は泣きそうになった。


道の脇にあった釜飯屋で

伊勢海老の釜飯を食べる。

相方はビールを、自分は

キリンアルコールフリーを。


また頭痛が再発していた。


東名は事故渋滞で進まなくなり、

首都高に入れば工事ばかりしている。


終電に間に合いそうになかったので

車を実家へ帰しに行くのは諦め、

直接部屋に戻った。


荷物を片付けもせず、倒れるように

眠った。


-10/12


昼過ぎに起き出し、なんとか

頭痛が治まってから実家へ

車を返しに行く。


ゆっくりと夕飯を食べさせてもらい

少し飲んでお暇した。


-10/13


連休明けで仕事はだるかったけど、

それどころじゃなく忙しかった。


定時を過ぎてから資料作成を

押し付けられ、なんとか片付ける。


19時過ぎには上がり、夕飯がてら

セフレさん(27歳/彼女有)と

新しい店に行ってみる。


駅から少し遠いものの、

料理もお酒も文句なく美味しく

しかも値段は居酒屋並み。


立地さえ良ければ、予約なしでは

入れないだろうというレベルだった。


大満足で部屋に帰る。


生理が始まっていたので、相方のを

口でしてハグして眠った。


-10/14


早く上がれたので、近所の酒屋に

日本酒を探しに行ってみた。


新潟の雪椿という銘柄に目が留まる。


適度な日本酒くささと、強い甘味。

美味しいつまみが欲しくなる、

いいお酒だった。


そして何故か相方も四合瓶を持って

帰ってきた。


生理のせいかあまり飲まずに

酔ってしまった。

少しだけ宴会をして、気分よく眠った。


-10/15


相方は携帯を忘れて行った。


前々から誘ってくれていた学生さんと

上野で飲む。


年上とばかり付き合っている自分は、

話を合わせてもらうことはあっても

相手のテンションに合わせることは

あまりない。


二軒行って終電で解散する。

やっぱりガキはガキだなあと思った。


帰ると、部屋が魚くさい。


自分:「またトースターで焼き魚?」

相方:「分かる?焼きたらこ。

    失敗した」


パンにうつるほどじゃないけど

熱を入れるたびに臭うから

止めて欲しいんだけど・・。


-10/16


また前から声を掛けてくれていた

人(28歳/独身)と飲む。

やっぱり年上の方が居心地がいい。


顔がかなりタイプだった。

好きなお笑いの時代が同じで、

話は弾み、面白い。


無茶振りばっかりしてくるけど

それもまた楽しかった。


時間はあっという間に過ぎた。

2人で霧島の四合瓶を空けて、

近くの公園を散歩する。


店で既にボディタッチは多くて

歩くうち手を繋がれてキスされた。


帰らなきゃ駄目だと言っているのに

なかなか解放してもらえず、

終電ギリギリに駅に駆け込んだ。


強引さが嬉しいときもある。

けど、この時は腹が立つばかりだった。


-10/17


相方は仕事。

また携帯を忘れて行った。


暇で仕方なかったので、

100均でクレヨンと画用紙を買って

落書きして時間潰し。


以前に乱交パーティーで会った人

(50歳/既婚)から連絡が入る。


新宿へ赴くことになった。


ドトールでコーヒーを買い、

そのまま雑居ビルの最上階へ。


看板もなく、ドアの脇に「会員制」と

小さく書いてあるだけだった。


生理が終わりかけだから

何もしないと言ったのに。


一緒に風呂に入って結局

やってしまった。


連れは用事があると先に帰り、

自分だけ残った。


他に女性客はなく、店内の何人か

と話しながらお酒を貰う。


バラ鞭で叩いたり叩かれたり、

両側から押さえつけられて電マで

いかされたり。


お客さんの1人とセックスして、

帰ったのは22時過ぎだった。


相方はちょうど帰ってきて

いつものようにイカを捌いていた。


雪椿はあっさり空けられた。


生理が終わりきってないけど、

我慢できないと言われて

久々にセックスした。


自分の欲は底なしだと思う。


-10/18


昼までだらだらと寝て、

起きたらセックスして。


シャワーを浴びて洗濯して、

マックを買ってきてもらって、

ぐだぐだと過ごした。


いつの間にか眠っていた。


夕方に「お腹空いたね」と

いつもの会話になる。


相方:「走ってこいよデブ」

自分:「やだ」

相方:「運動しろ」

自分:「じゃあセックスしようよ」

相方:「しない」


相方:「何食いたい?」

自分:「・・お酒」

相方:「はぁ?」


何ですぐ、はぁ?って言うんだろう。

何でいつも建設的じゃないんだろう。


否定されてばっかりで正解のない

質問ばかりされて、気分が滅入る。


自分:「じゃあ外に食べに行ってきなよ」

相方:「一緒に行こうよ」

自分:「いい。デブだから」

相方:「拗ねんなよ」


食べたくないんだから仕方ない。


一人でクリーニングを取りに行くと

相方は部屋に居なかった。


テーブルの上に「きげんなおしてください」

とメモがある。


ここで、機嫌が直ったよ、と言うことは

何の解決にもならない。


2時間経っても戻ってこなかったので

電話を掛けるが、出ない。


何だかどうでもよくなってそのまま寝た。


自己嫌悪と自己否定ばかりが募って

なかなか寝付けなかった。


-10/19


相方の目覚ましで目が覚めた。

いつもなら行って来ますと言って

出て行くのに無言だった。


昼に「外ご飯どうですか?」とメールが

来ていたけど、先約があったので断る。


以前に1度飲んだことのある人に、

蔵元を囲む会と称したイベントに

連れて行ってもらった。


大吟醸をトマトジュースで割ったり

普段は出来ないような飲み方を

させてもらった。


お酒はどれも文句なしに美味しかった。


帰り際に手を繋がれて

散々誘われたけど、やっぱり

相方以上には思えなくて拒否。


帰ると相方は部屋に居たけど、

あまり会話もないまま寝てしまった。


朝になっても相方がベッドに

上がってくることはなかった。

posted by ykxifb | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: 5秒前の午後-57

http://fc8mkt.sa.yona.la/89

reply

しばらく投稿なかったので気になってました。元気 (?) そうで何より。

posted by fc8mkt | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.