5秒前の午後-44 | ykxifb | sa.yona.la help | tags | register | sign in

5秒前の午後-44

reply

-8/15


昼間はマニキュアを塗ったり

髪を切りに行ったりして過ごす。


美容室から帰ると相方が居ない。

バスのチケット代を払いに行って

いるはずだったが、やけに遅い。


帰ってきて聞いてみると、支払い

期日が昨日までだったと言う。


再度ネットカフェで予約してきて

くれたらしい。

見た目にもぐったりしていた。


自分:「今度は支払い何時まで?」

相方:「23時」

自分:「出発は?」

相方:「集合22時15分、出発22時30分」

自分:「支払いは23時なの?」

相方:「うん」


夕方、シャワーの前にいちゃいちゃ。

そのままゴムを着けて挿入するも

体位を変える際に血を見てしまった

らしく相方のが萎えてしまい終了。


「帰ってきたら続きしようね」


賞味期限の近い食材を片付け、

荷物を準備して夜、出発。


しかし集合時間の22時15分に

なっても係員は現れない。


相方にチケットを確認してもらう。


「・・23時15分でした」


・・。


喫茶店で時間を潰し、出発。

バスは前回より狭かったけど

慣れた所為かちゃんと眠れた。


-8/16


よく晴れた仙台駅は暑くもなく

いたって快適だった。


前回と同じく街が動き出すまで

漫画喫茶に入り時間を潰す。


マクドナルドで朝食を軽く摂り、

みどりの窓口で乗り放題パス購入。


初めに仙台城址へと向かった。


天気が良く仙台市内を一望。

ずんだ餅とずんだシェイクを堪能。

相方は枝豆+砂糖+餅という

組み合わせが苦手だったらしい。


伊達政宗関連の観光地が

どこも戦国BASARA推しで、

絵馬に2次創作的イラストが

多く、ちょっとげんなりした。


歩いて山を降りて、瑞鳳殿へ。

隣のガイドの解説を盗み聞き

しながらぐるりと一周。


仙台駅に戻り、少し休憩。

秋保へ向かうバスに乗り、

温泉街へと向かう。


磊々峡の遊歩道を端まで歩く。

自然の作り出す大きいものには

ロマンがあると思う。


日帰り入浴の出来る温泉を探し、

取り敢えずビールを飲んでから

ゆったりと温泉につかる。

おばさんに話しかけられた。


内湯も露天も湯温が高く、

長時間は入っていられない。

それでもかなり粘ってから、

休憩所へと向かった。


待ち合わせの時間を過ぎても

なかなか上がってこない相方。


「サウナと水風呂の往復で

 5kg痩せてきた」


代謝の良い体質自慢らしい。


またバスで仙台駅へ戻り、

ネットカフェで今夜の宿と

翌日帰りの夜行バスを予約。


牛タンの食べられる居酒屋で

がっつりと飲む。

2人で一ノ蔵の四合瓶を空けた。


飲み足りなかった自分はチェック

インした後に、近くのコンビニで

浦霞を買って部屋に戻る。


相方は眠ってしまっていた。

1人ではあまり進まず、いつの間にか

ベッドで気を失っていた。


-8/17


6時ごろに意識を取り戻し、

布団に潜り込んで眠る。


9時少し前に目が覚める。

気配で相方も起きたらしい。


「セックス出来なくていいから

 ぎゅってして」


と抱きしめてもらうと、自分の手が

相方の下腹部に誘導された。


「朝勃ち」


なんだか、堪らなく、愛しい。


自分「舐めていい?」

相方「挿入は無理だよ?」

自分「口に出して」


少し驚いたようだったけど、

脱がせようとするのには

協力的だった。


途中、相方のアラームが鳴る。

構わずそのまま精を吐かせ、

飲み込んだ。


呼吸が落ち着くと相方はいそいそと

起き出して、会社に仕事の電話。


それからシャワーを浴び、薬を

塗ってもらい、身支度をして出発。


駅ビルの伊達の牛タンで朝食。

ちょっと重かったかもしれないけど

美味しかった。


そのまま改札を抜けて仙石線へ。

階段手前の009ロッカーが粋。

ドアが手動だったのは、やはり

寒い地方だからなのかと思った。


松島に着いて、遊覧船のチケットを買う。

出航時間まで瑞巌寺を拝観。


松島、嵯峨渓の景観は見事だった。

1時間40分の遊覧は長くない。

海風に当たりながら飲むビールも

なかなか乙なもんだと思った。


陸に戻ると露店の周りには

人が増え、場所取りをしている人も

多くなっていた。


近くの土産物屋でレジャーシートを

買い、盗られてもいいような荷物を

置いてそのまま飲みに行った。


とにかく牡蠣とホヤがとても

美味しかった。


時間の少し前にビールと日本酒、

枝豆、牛タンを買い込んで

取っていた場所へと向かう。


花火自体は東京の大きなそれに

比べれば玉数も少なく派手さこそ

なかったけど、至近距離で打ち上げられ

音と光が同時に届き、海面すれすれで

半円に弾ける姿は見事だった。


目の前の松の木が視界を遮るのも

また風流だと思えたのが好し。


電車で仙台駅に戻り、駅地下で

最後にまた寿司を食べる。


閉店時間になり反対口へ。

少しだけ余裕があったので、

ゲーセンに寄ってプリクラを

撮った。


バスの時間になって杜の都とも

お別れ。


帰りのバスではまた熟睡だった。


-8/18


朝7時に起床。

二度寝。

夜7時に起床。


以前から目をつけていた

居酒屋で軽く飲んで帰宅。


襲い掛かってそのまました。

射精する寸前の鳥肌立った

腕を掴んでいるとき、とても

幸せだなと思う。


-8/19


昼頃にセフレさん(40歳/バツイチ)

から誘いを受けて夕飯に行く。


お奨めというお土産を貰って、

等価にはならないお土産を渡す。


程よく飲んだところで、いちゃいちゃ

したくなったので漫喫に移動。


個室が狭かったので口で抜くだけ。

ギシギシ、カチャカチャ、という

微妙な物音でも大概の人は

隣の個室で何が起こっているか

くらいは分かるんじゃないかと思う。


気にしないけど。


しかし自分は触ってもらっただけで

火がついたまま帰宅。


相方は半裸でDSをやっていた。

襲い掛かると珍しく拒否されず、

そのままセックスして、腹筋して、

シャワー浴びて、薬塗って貰って、

寝た。

posted by ykxifb | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.