さよならについての考察 | ykxifb | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

さよならについての考察

返信

其れは別れの言葉である。

夕暮れ時に町の中に溢れる。


又は或る恋の終わりに唱える。


然し其の恋が永きに及んだならば、

さよならの四文字では短すぎる。


其処で僕は一つ仮名を足して、

さようならと云う事を提案する。


さて此処でふと考えてみる。

さようならの語源とは如何なるものか。


作用なら、では無いだろう。


左様なら、だろうか。

そのようであるならば、という意味だ。


相手の言うことを諾諾と受け入れる様。

嗚呼なんて今の僕にお似合い!


此の恋の終わりには、どうかさようならと仰って。


(初出:2005/12/09 23:33)

投稿者 ykxifb | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.